市川市にて棟の取り直し工事で瓦のずれを改善、火災保険で雨樋交換も実施

工事のきっかけを伺いました!

火災保険アイコン 雨樋交換アイコン 漆喰詰め直しアイコン 漆喰詰め増しアイコン

施工内容屋根補修工事、棟瓦取り直し、漆喰詰め増し、漆喰詰め直し、漆喰取り直し、雨樋交換

before
棟の取り直し工事前
horizontal
after
棟の取り直し工事完了

お問い合わせのきっかけ

市川市にお住まいのお客様より、瓦屋根に施工されている漆喰の剥がれと雨樋の補修依頼に関してご相談を頂きました。雨樋は積雪による破損ですので、火災保険を利用しての補修をご提案させて頂きました。瓦屋根補修と雨樋交換の施工日は違いますので、火災保険を利用した場合と自己負担で補修した場合の違いもあわせてご紹介いたします。

漆喰の剥がれ点検

市川市で屋根点検
大棟のずれ
初めてお問い合わせを頂いた内容は漆喰の剥がれでした。早速梯子をかけて大屋根を確認してみると、頂部に積み上げられた棟瓦にはズレが見られ今にも外れてしまいそうな熨斗(のし)瓦がありました。冠瓦を含め3段までの瓦は銅線で固定されているためズレは見られませんでしたが、一番下の熨斗瓦は漆喰のみの固定でしたので、漆喰が剥がれたりしまえばずれてしまいます。
土居熨斗
土居熨斗のズレ
恐らくこれほどずれている状態ですと、地震や強風により落下してしまう可能性があります。これらの原因は漆喰の剥がれです。漆喰は瓦の固定と雨水浸入防止の為に塗られている非常に耐久性の高い素材ですが、施工後徐々に硬く強度を増すとともに地震や瓦の動きによってひび割れ・剥離を起こしてしまう可能性が高くなってしまいます。瓦のずれや漆喰の剥がれは雨漏りを起こす危険性がありますので、早急な補修が必要になります。
下屋の漆喰
銅線の緩み
こちらは下屋と呼ばれる1階部分の屋根です。外壁との取り合いに熨斗瓦と漆喰が見られますが、こちらも所々で漆喰の剥がれが見られました。漆喰の剥がれを気づくきっかけとしては、屋根の上に白い塊があるというケースや漆喰が剥がれて敷地内に落ちていた等ですが、比較的劣化に気付きやすいのはかろうじて見える下屋です。下屋にも短い棟がありましたが、丸められているはずの銅線が伸びきってほどけそうな状態でした。
この銅線を見て頂くと分かるかと思いますが、大屋根の銅線の止め方と異なりますよね?大屋根は大回し工法と呼ばれる方法ですが、下屋は中止めと呼ばれる瓦の中心にある穴を通す工法が使用されています。どちらでもしっかりと固定はされるのですが、大回し工法は銅線が外側に露出しているため、緩みや切れを起こす可能性が高くなります。銅線が伸びているような状態ですと瓦も固定が出来ていない状態ですので、遠目で確認した際に気になる箇所がございましたらお気軽にご相談ください。
棟瓦の隙間
谷板金の経年劣化による穴あき
左画像は水切り熨斗と呼ばれる壁との取り合いに施工された瓦と棟の間ですが、漆喰もない状態ですので雨水は入り放題です。すぐに雨漏りを起こすわけでもありませんが、内部の土が流出する原因にもなりますので早めに保護してあげたいところです。
右画像は屋根の入隅にある谷板金です。銅やステンレス、ガルバリウム鋼板等の耐久性の高い素材で施工されていますが、瓦のようなメンテナンスフリーの素材ではありません。何れは錆び腐食してしまうと穴が開き雨漏りを起こしてしまいます。こちらは錆が進行し赤褐色になっていますので、そろそろ板金の交換をしておいた方が良いでしょう。錆が軽度な内は塗装で保護し寿命を延ばすことも可能ですので、漆喰や瓦のずれ補修に合わせてメンテナンスを行いましょう。

棟の取り直し工事

棟の残土撤去
清掃後
まずはずれていた棟の冠瓦と熨斗瓦を全て取り外します。内部に土が詰められていますがこちらも全て撤去していきます。清掃後の棟部分をみると瓦の隙間に破片が入っていますが施工ミス等ではありません。土や漆喰が防水紙に付着し続けると劣化を促進させてしまうため、破片を詰め防水紙の劣化を防いでいるのです。昔は平瓦の下にも土が葺く「土葺き屋根」も多かったのですが、瓦が固定されておらず重量も増えるということで現在は「引っ掛け桟工法」を取り入れています。
南蛮漆喰詰め
瓦の破片詰め
棟部分に瓦の土台となり仕上がりにもそのまま反映される南蛮漆喰を積んでいきます。漆喰の外側に糸が見られますが、この糸に合わせて瓦を積んでいくことになります。漆喰の上に瓦の破片を載せ、漆喰の乾燥を促進させます。以前は土が詰められていましたが、今回はシリコンや防水材を混合させた南蛮漆喰を使用することにより、雨水を浸入しやすく施工することが出来ます。目立たない内部に安価な黒、外側は白を使用することもありますが、耐久性に関係なく主成分の問題から黒でも徐々に白色に変色していきます。
水糸と棟積み
棟の取り直し工事完了
まっすぐ熨斗瓦を積んでいきます。熨斗瓦の幅を変えて積むことで安定感が増し雨水の浸入を防ぎます。熨斗瓦の継目は交互になるようにずらしていきます。以前は棟瓦の段数が高い程高級感を感じさせますので、人気がありました。しかし大地震が多発し、瓦の重量だけでなく揺れによる棟の崩壊も懸念され、現在は段数を少なくされるお住まいが増えました。もちろん少なく積み直すことも可能ですが、段数が多い程雨水は入りにくくなりますし、しっかりと施工すれば問題ありません。
漆喰の剥がれ
漆喰の詰め直し工事完了
下屋の水切り熨斗(土居熨斗)は漆喰の詰め直し工事を行います。既存漆喰を剥がし取り南蛮漆喰を詰め直していきます。土居熨斗は漆喰が無くなってしまうと徐々に下がっていき、上の板金との間に隙間を作ってしまいます。すると吹き込む雨が内部に廻るリスクが高まりますので瓦の位置を戻しながら施工していきます。施工直後は柔らかい漆喰ですが、ここから時間をかけて硬化し瓦を固定します。漆喰が瓦よりも外側に出ると雨水をせき止めてしまいますので、必ず瓦よりも出っ張らない程度に仕上げていきます。
棟取り直し工事完了
以上で瓦屋根の棟取り直し工事と漆喰補修が完了しました。瓦屋根自体は半永久的に使用できると言われるほど耐久性に優れていますが、防水紙や漆喰は必ず経年劣化を起こし、雨漏りを発生してしまいます。築10年を経過した頃から定期的なメンテナンスを心がけましょう。適切な補修を繰り返すことで最小限の費用で瓦屋根を維持することが出来ます。

雨樋交換工事

雨樋の交換前点検
半丸雨樋
続いては瓦屋根工事後の積雪により歪んでしまった雨樋の工事です。雨樋が歪むと雨水が集水器に向かって流れにくくなり、雨の重みで雨樋が破損したり、集水器を通らずに落水してしまいます。積雪や強風による破損には火災保険の補償が適用しますので、早速申請を行いましょう。
火災保険を利用する際にはまず保険会社へ連絡をし書類を郵送していただきます。返送する際にお見積書と現況写真も必要ですので、屋根業者への連絡も同時に行いましょう。書類郵送後、数週間で返答がありますが写真撮影後は補修工事を行う事が出来ます。
雨樋工事はほとんどのケースで足場仮設が必要ですが、火災保険に申請することが可能ですので、この機会にお住まいのメンテナンスをされる方も多いです。火災保険は被災後3年以内での申請が条件ですが、自己負担を軽減する為にも最大限に利用しましょう。
受け金具取り替え
雨樋交換完了
足場仮設後、気温雨樋と受け金具を撤去し勾配に合わせて新規雨樋を取り付け直します。火災保険で補修出来るのは被災で破損した箇所の原状回復ですので、全交換や素材の変更は原則的にできませんが、差額分を自己負担とすれば効率的に補修することも可能です。
塩化ビニル樹脂製の雨樋は太陽光により、新品時よりも硬化し割れやすくなってしまいます。外壁と同時に塗装メンテナンスを行っていきましょう。

工事を終えて

近年自然災害による被害が大きく、もしかすると問題がないと思っているお住まいでも被害があるかもしれません。その為、台風後・地震発生後は一度点検を行い不具合が無いかをチェックしましょう。瓦屋根の改善工事を行いましたので雨漏りの可能性は低くなりましたが、外壁からも雨漏りを起こす可能性はありますので引き続き全体の状態を心がけましょう。
街の屋根やさんは屋根だけでなく、外壁等の外装点検も行っておりますのでお気軽にご相談ください、スタッフ一同お待ちしております。

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん千葉中央店

      1. 電話 0120-990-366
        株式会社シェアテック
        1. 〒261-8501
          千葉県千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階MBP設立準備室
          店舗詳細はこちら
      1. お問い合わせはこちらから

         街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

        屋根工事なら街の屋根やさんポータル

        その他の地域の方はこちら

        屋根補修工事に関連する新着ブログ

        いすみ市松丸にて瓦の割れと棟瓦のズレを確認、瓦の差し替えと棟瓦取直し工事を実施
        いすみ市松丸にて瓦が割れてしまっているとのご相談をいただきました。 お話をお伺いすると、2階から見た際に見える1階の屋根の部分の瓦が割れてしまっていることに気づき、雨漏りなどの心配もあるため、今回街 ...続きを読む
        袖ヶ浦市今井にてスレートの欠けと棟板金の飛散、コーキングでの補修と屋根塗装を一緒にご提案
        袖ヶ浦市今井にお住まいのお客様より、屋根の一部分が外れてしまっているので補修をお願いしたいとのことでした。 前回風の強い日に屋根の天辺の板金が外れてしまったとのことで、都合が合わずなかなか補修をお願 ...続きを読む
        千葉市稲毛区園生町でバルコニーのアクリル板から遮熱ポリカーボネート波板に交換工事
        千葉市稲毛区園生町にて経年劣化されたアクリル板から遮熱ポリカーボネート製の波板に交換工事をさせて頂きました。バルコニーを建てられて約10年になります。アクリル板は衝撃に弱く経年劣化が進んでいるとすぐに ...続きを読む
        千葉市稲毛区山王町にて棟瓦の落下の危険、台風シーズン前に工事が無難です
        千葉市稲毛区山王町にお住いのお客様になります。築30年程のお宅で10年以上は屋根の工事をされてきていませんとの事でした。また、これから台風シーズンになってきますので何か対策や現状の屋根の状態をご確認さ ...続きを読む

        屋根補修工事に関連する新着施工事例

        柏市今谷上町で雨漏りしている瓦屋根をディートレーディングのディプロマット(オニキス)で屋根葺き替え工事ビフォー
        柏市今谷上町で雨漏りしている瓦屋根をディートレーディングのディプロマット(オニキス)で屋根葺き替え工事アフター
        施工内容
        屋根葺き替え 雨樋交換 防水工事
        使用材料
        ディートレーディング ディプロマット
        四街道市緑ヶ丘で瓦屋根と外壁の取り合いに水切り板金を設けて雨漏り解消ビフォー
        四街道市緑ヶ丘で瓦屋根と外壁の取り合いに水切り板金を設けて雨漏り解消アフター
        施工内容
        漆喰詰め増し 雨漏り修理
        使用材料
        ガルバリウム鋼板

        屋根補修工事を行ったお客様の声一覧

        4b6ff09ee12f4f5f8581e8c70e3b103e-columns2-columns2
        Q1.屋根工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
        われた瓦がおちてきた為

        Q2.業者や工事会社をどのように探しましたか?
        Net

        Q3.当社を知りすぐお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
        すぐにTELをさせて頂きました

        Q4.何が決め手となり当社にお問い合わせをされましたか?
        特にありません

        Q5.実際に当社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?
        なし



        ■お住まいの屋根工事ここがポイント

        ■点検・お見積り・ご相談無料!

        ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


        点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!