市原市の棟板金交換タフモック使用

施工内容屋根補修工事

施工期間1日

使用材料ガルバリウム鋼鈑棟板金,タフモック

更新日:2017年3月18日
before
市原市 工事前
horizontal
after
市原市 工事後

【工事前の状況】

棟板金を固定する下地などが経年劣化よって弱まり外れてしまっておりました。外れてしまった棟板金をみると棟板金上部から釘で固定していたようです。棟板金や屋根材を上部から固定してしまう釘を伝い雨水が浸水し雨漏りの原因に繋がってしまいます。今回に棟板金の飛散にも影響が考えられます。
市原市 内部貫板の劣化
市原市 不適切な施工

【工事の状況】

棟板金を固定に使用していた既存の貫板を取外し、新しく下地となる貫板を設置には樹脂製のタフモックを使用します。通常の貫板は木製ですので劣化や湿気などの傷んでしまいますが、タフモックは樹脂ですので湿気などで傷んでしまう事はありません。タフモック設置完了後に新規棟板金を設置していきます。板金の合わさり部分や屋根材との接合部には加工を加え固定していきます。
市原市 旧貫板の撤去
旧貫板の撤去を行い、新しい樹脂製貫板タフモックを設置します。
市原市 新規貫板設置
屋根の下地にしっかりと固定します。
市原市 幅合わせ
棟板金の幅と合わせてタフモックの位置調整を行います。
市原市 板金の取付け
タフモック設置完了後に新規棟板金の設置を行っていきます。
市原市 防水施工
棟板金の合わさり部分には防水施工を行います。
市原市 コーキング充填
合わさり部分同様に屋根板金との接合にも防水施工を行います。
市原市 ビス固定
棟板金の固定は上部ではなく脇で固定が適切な施工です。
市原市 細部調整
固定完了後細部の防水施工を行い工事完了です。

【工事完了】

市原市 棟板金交換完了
工事完了後の棟板金です。
市原市 棟板金交換竣工
工事完了後、お客様にご確認いただき棟板金交換工事竣工です。棟板金は屋根材では覆い被せる事が出来ない箇所を棟板金を設置を設置する事で雨水の浸水を防ぐ重要な役割があります。工事が早期に完了しお客様にご満足いただけました。
棟板金交換工事・屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-989-936にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。



■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!