八街市|棟瓦の取り直し工事でズレと漆喰の割れを解消!

6月9日までQUOカードキャンペーンを実施中

施工内容屋根補修工事、漆喰詰め直し

更新日:2017年6月8日
before
漆喰
horizontal
after
漆喰,葺き直し
【お問い合わせのきっかけ】
瓦が2枚ほど浮いている。外れかかっているものもあり。 火災保険での補修を対応です。 

【施工内容】
瓦葺き直し工事
瓦,点検
漆喰,剥がれ
八街市のお客様です。瓦が数枚浮いているとお問い合わせがありましたので、早速点検を行いましょう!
陶器瓦は築年数が経っても色褪せしにくく、いつまでも綺麗な屋根を維持することが出来ます。
点検を行うと、漆喰の剥がれと見られる破片がところどころ落ちていました。漆喰は普段頑丈なものですが、瓦の揺れによって割れて剥がれる事があります。
漆喰,剥がれ
瓦浮き
漆喰が剥がれる事によって、内部の泥が露出、雨水によって流出してしまいます。瓦の内部が崩れてしまうと、瓦も必然的に少しずつズレを起こし始めます。
漆喰は建物の揺れだけではなく、風や飛来物によるケースもあります。風の場合は漆喰だけでなく、瓦自体の浮きやズレの原因にもなりますので、しっかりと点検を行い、補修を行っていきましょう。
ちなみに浮いている瓦の下の瓦はラバーロック工法を施工しています。シーリングによって瓦同士を固定している為、風ではズレません。その代わりに瓦の差し替え工事などは難しくなってしまいます。
瓦
瓦,ズレ
瓦が並びから外れてしまうと、最悪地上へ落下してしまいます。今回は屋根の谷板金部に引っかかっていましたが、落下した場合の衝撃は凄まじいものです。このように瓦のズレに気づいた場合は速やかに瓦を戻し、簡単には外れないように対策をすべきですね。
右写真は浮き等はありませんが、瓦が棟から軒まで蛇行しているように感じます。今の所大きな問題はなくとも、少しずつズレが大きくなってしまいます。こちらも気づき次第補修をすべき箇所になりますね。
瓦,ズレ
瓦,浮き
棟周辺の瓦はズレて外れてしまっています。この隙間から雨水が入ってしまう事で雨漏りに直結してしまいます。これは瓦の浮きにも同じことが言えます。
瓦は比較的容易にズレを起こしやすいですので、浮いた隙間に雨が吹き込んでしまうと防水紙を傷め、雨漏りを起こしやすくなってしまいます。

今回は既に瓦の落下も想定されますので、棟の取り直し工事で瓦を元に戻し、漆喰の再施工を行っていきます。
瓦
葺き直し
施工前に瓦の豆意識です。塗装が不要な陶器瓦の中でも、製法の違いで区別されています。素材はどれも粘土ですが、瓦の色を出す為の工程が違います。
瓦の焼き上げの際に燻製化し、炭素を付着させることで銀色に作るのがいぶし瓦の製法。瓦を割っても中まで銀色になっているのが特徴です。
対して瓦の表面に釉薬をかけて化学反応をすることによって色を出しているのは釉薬瓦と呼ばれます。裏側もそうですが、表面以外の場所は色が違う事が多いです。
漆喰
瓦,漆喰
棟の取り直し工事でのメリットは、漆喰の詰め直し工事や増し詰め工事と違い、一度しっかりと撤去することで周辺の瓦の補修も可能となります。瓦のズレ等はこの際にしっかりと直して、棟で固定し直しましょう。

漆喰
漆喰
漆喰は軽量な南蛮漆喰を使用して棟を形成していきます。棟にはのし瓦のあるタイプとないタイプの棟があります。そもそものし瓦の役割は、上段と下段を段違いにすることで雨水の侵入を防ぎやすくする事です。しかし、現代では意匠性・デザイン性の観点から取り付けられています。
のし瓦を積むことで費用も掛かり、見栄えも立派な事から裕福さを表していましたが、耐震性は劣ってしまいます。特に強いこだわりがないのであれば地震に備えて、耐震性を重視しましょう。
釘浮き
ビス留め
下地の貫材にビスを打ち込み、固定は完了です。のし瓦がある場合は銅線で中締めを行うか胴廻しで大きく固定するかという選択肢もあります。SUSビスの場合は錆びにくく腐食しにくい為、銅線の緩みよりも長期的に維持してくれそうですね。
瓦漆喰
瓦並び補修
雨水が侵入しやすそうなところはしっかりと漆喰でカバーをし、雨漏りの原因を潰していきます。平瓦の並びも整え、浮きも解消です。
瓦の整頓が出来るだけで、ずれにくく浮きにくく、問題が起こりにくい屋根に進化します。

屋根補修工事のその他のブログ一覧

君津市のトップライト雨漏り補修と屋根カバー工事のご提案
君津市にお住まいのお客様より築15年が経ち屋根のリフォームを検討しているとご相談をいただき調査にお伺いいたしました。屋根材は化粧スレートです。既存の塗膜が劣化し色褪せや苔の発生が見られます。トップライ...続きを読む
市原市の瓦屋根棟取り直しと屋根葺き直し工事のご提案
市原市にお住まいのお客様より瓦がズレてしまっているとの事でお問い合わせいただき調査にお伺いいたしました。ズレてしまっている瓦は、棟瓦の先端に付けられている鬼瓦です。現状のままではいずれ落下の危険性があ...続きを読む
木更津市の化粧スレートへの屋根カバー工事のご提案
木更津市にお住まいのお客様より屋根材の欠片が落ちてきてしまい屋根の状態が心配との事でお問い合わせいただき調査にお伺いいたしました。落ちた屋根材は化粧スレートです。現在の屋根の状況を確認を確認します。割...続きを読む
市原市の瓦屋根工事業者から不安を煽られ調査依頼
市原市にお住まいのお客様より近隣で工事を行っている業者に「漆喰が傷んでいるので工事を行った方が良い」と言われ不安になりお問い合わせをいただき調査にお伺いいたしました。屋根にのぼり漆喰を確認したところ傷...続きを読む

屋根補修工事のその他の施工事例一覧

千葉市中央区|強風で飛散した棟板金を交換工事で改善(樹脂製貫板)
千葉市中央区|強風で飛散した棟板金を交換工事で改善(樹脂製貫板)
施工内容
屋根補修工事,棟板金交換
使用材料
木更津市|棟板金交換(ハイブリッド建材使用)工事で強風対策!
木更津市|棟板金交換(ハイブリッド建材使用)工事で強風対策!
施工内容
屋根補修工事,棟板金交換
使用材料



■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!