台風25号の強風で受けた方、火災保険が適用できます

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/18更新】

 大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、前回の台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

習志野市にて雨漏り工事の調査とお見積もり|習志野市、A様邸

更新日:2014年2月13日

2014年2月13日更新

 

本日は習志野市にて雨漏りで困っているとのお客様より

調査のご希望がございまして調査と雨漏り工事のお見積もりに

お伺いして参りました。

P1090919_R.JPG 

現地に到着しまして、問題の雨漏りしているお部屋を確認しましたところ天井には大きな雨漏りが見られました。

P1100031_R.JPG 

雨漏りは天井が乾いている状態からの調査が多いですが、

今回はまだ雨水がつたっている状態でした。

実際に雨漏りを目の前にしますと本当に早めの解決にご協力させて

頂きたい気持ちになりました。

 

小屋裏も確認してみます。

P1090943_R.JPG P1090952_R.JPG

雨漏りをしてるのはこの一部分に集中していますのでこの上部の屋根が怪しいですね。

他の部分は濡れていませんでしたので局部的な雨漏りだと考察できます。

 

屋根部も見てみましょう。

P1090959_R.JPG 

屋根は瓦屋根ですね。

P1090979_R.JPGP1090971_R.JPG 

棟部の漆喰が全体的に崩れ落ちており、隙間が多く見受けられました。

お客様のお話ですと、強い地震の影響ではないかとおっしゃっていました。

 

地震で瓦がずれてしまったりしますと隙間ができます。

隙間からは雨漏りが起こりやすくなります。

また漆喰が劣化していても隙間が多くなりますので雨漏りの原因にもなります。

 

ちょうどこの部分の真下に雨漏りが確認できましたのでこの部分からではないかと

考察できます。

P1090973_R.JPG 

全体的な考察から、現在の全体の瓦の状態はあまり良いものではなく

今後の地震のことも考慮し、お客様のご希望もお伺いしまして軽い屋根材の金属屋根への

葺き替え工事をご提案させていただきたいと思います。

 

現在の状態から問題を解決しまして、将来の安心を感じていただける

ご提案をさせていただきます。

 

いち早くお客様のお悩みが解消できればと思います。

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒299-0261
        千葉県袖ヶ浦市福王台2-21-10 セントラルビル1F
    1. 街の屋根やさん千葉中央店

      1. 電話 0120-990-366
        株式会社シェアテック
        1. 〒261-8501
          千葉県千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階MBP設立準備室
      1. お問い合わせはこちらから

         街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

        屋根工事なら街の屋根やさんポータル

        その他の地域の方はこちら



        ■お住まいの屋根工事ここがポイント

        ■点検・お見積り・ご相談無料!

        ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


        点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!