鴨川市|谷樋に交換するための棟瓦取り直し工事

更新日:2016年1月9日
鴨川市にお客様の谷樋交換の様子をお届けします。天井から雨漏りしており、その原因は谷樋に開いた小さな穴でした。銅製の谷樋から新しいステンレス製のものに付け替えるのですが、交換するにあたっては谷樋付近の瓦、棟部分も取り外さなければなりません。
ba75a49559767fcefdebfe2bdc3d6656
ステンレス製の谷樋に交換し瓦を戻していきます。
6868934d50d329be062ba92d27e5a808
棟部分はトンビ瓦から戻していきます。
瓦には様々な色、種類があり棟部分だけでもいくつか特殊な瓦が使用されています。先ほど写真で紹介したトンビ瓦とは本を開いて伏せたような形の切り妻屋根で、妻(側)部分まで唐草(からくさ)瓦で葺くときに軒先から破風板へとまがる部分に使う瓦です。半分の唐草2枚と巴瓦を合体させて、トンビは1枚として整形されおります。唐草とは軒先に取り付く部材のことです。

8ff31665b5542fdbf703370f6dac77c0
この箇所の場合下からのし瓦が3段、一番上に冠瓦とあります。
ebc476687b34d7c1507ef7c717a562481
A=影盛鬼瓦、B=鬼瓦、C=立浪エブリ台と言います。
のし瓦とは屋根の棟で冠瓦の下に積まれる平瓦で、冠瓦は棟の最上部に載せている瓦です。棟瓦そのものも冠瓦と呼ぶ場合があります。また棟瓦のうち比較的平たいものを伏間瓦(ふすまがわら)と言ったり、丸形や山形になった背の高いものを冠瓦と呼ぶ場合があります。エブリ台は鬼瓦をのせるための物で鬼瓦は屋根の頂上部分の端などに設置される板状の瓦の総称です。棟部分の雨水の侵水を防ぎます。また厄除け・魔除けで置かれているケースもあります。鬼瓦のほかにも七福神や火災防止のために水と書かれた瓦などもありました。影盛鬼瓦をつけることでさらに浸水を防ぎます。取り外した棟の瓦は再度棟取り直し工事の工法を行い、漆喰なども新しく交換いたしました。瓦には様々な種類があり、ただ飾りだけではなく昔からの言い伝えや歴史があります。いろいろ勉強になりました。

屋根補修工事に関連する新着ブログ

木更津市の屋根調査棟板金の釘浮きと軒天の腐食
木更津市にお住まいのお客様より近隣で工事を行っている業者に「直ぐに屋根を工事しない崩れる」と言われ不安になり調査のご相談のお問い合わせいただきお伺いいたしました。屋根にのぼり調査を行ったところ直ぐに屋...続きを読む
千葉市|豪雨にあう前にまずは家の状態を確認しましょう
日本各地だけではなく、世界で起こっている自然災害。記憶に新しい九州や秋田の豪雨では多くの被害が報告されております。被害に合われました方に付きましては心よりお見舞い申し上げます。今ままでと違い、局地的な...続きを読む
市原市の工場金属波板の腐食による雨漏り張替えで改善
市原市の工場で雨漏りが起き困っているとご相談のご連絡をいただき調査のお伺いいたしました。内部の状況の確認です。雨漏りによって壁や鉄骨に傷みがひどく出てしまっています。原因を確認するため屋根にのぼり調査...続きを読む
木更津市のS型瓦漆喰の剥がれと瓦ズレ棟取り直し工事で改善
木更津市にお住まいのお客様より以前外装工事を行った際に屋根を指摘されととの事で調査にお伺いいたしました。屋根材はS型瓦です。棟瓦にズレが起きています。ズレてしまった原因として棟瓦内部の漆喰の剥がれと瓦...続きを読む

屋根補修工事に関連する新着施工事例

木更津市|棟取り直しと漆喰詰め直し工事で雨漏りを改善!
木更津市|棟取り直しと漆喰詰め直し工事で雨漏りを改善!
施工内容
屋根補修工事,棟瓦取り直し,漆喰詰め直し,雨漏り修理



■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!