館山市の別荘の雨漏り調査にお伺いし原因特定!

更新日:2016年11月12日
千葉県館山市、千葉県の南端に位置するこの市は年間を通して暖かく、海や小高い山に恵まれ、県内でも有数の保養地として別荘なども多く見られます。
今回ご連絡をいただいたI様も同市に別荘をご所有でした。
春先の台風から雨漏りをするようになったので調査をして欲しいというご相談でした。
早速お伺いしてお話をお聞きしました。

館山市 漏水調査009_R
先ずは漏水している箇所を確認しました。壁にうっすらとシミがあるのがわかります。サッシ付近なのでしょうか?
館山市 漏水調査001_R
漏水した雨水で床もシミが出来ています。放置することは危険な状態です。
館山市 漏水調査006_R
漏水している位置を調査してみます。
館山市 漏水調査007_R
瓦をはがして防水紙やその内部状況を確認します。
館山市 漏水調査008_R
防水紙のつなぎ目、防水紙、シミや亀裂は見つかりません。
昨日は雨でしたが濡れた痕跡もないので屋根材からの漏水は考えにくい状況でした。
館山市 漏水調査005_R
その真上部分、棟瓦が折れている位置があります。
館山市 漏水調査004_R
曲がっている位置の隙間は結構空いていました。全く可能性がないわけではないですね。
館山市 漏水調査002_R
そこで散水検査を実施。
サッシ周り、外壁のボードの境などをかけましたが漏水は見られません。
館山市 漏水調査003_R
どうやらリフォームをしているようで、瓦の一部が外壁の中に収まるという不思議な仕様に!
ここをかけるとタイムラグがありましたが漏水が認められました。

上記箇所にて漏水が認められました。
が、お客様の「今年の春の台風から漏りだした」というお話と、余程の横殴りの雨でない限り、吹き込むような場所ではないことを考えると何か、しっくりきません。
そこで屋根全体をもう一度確認すると!
ありました。
館山市 漏水調査014_R
玄関上の屋根の谷板金、銅製で作られているものでした。
館山市 漏水調査012_R
しっかり、くっきり大きな穴があいていました。
館山市 漏水調査010_R
念のため散水したらやはり漏水が認められました。
館山市 漏水調査013_R
4本の谷板金のうち、2本に穴がそれぞれ2箇所づつあいているのが確認できました。
工事は谷板金の交換、そして瓦が壁に入ってしまっている箇所をどう補修するか、その二点と判断しご報告しました。
漏水は春先から着実に進行しています。
早めの工事のご意志を頂き補修をしたほうが良いでしょう。


屋根補修工事に関連する新着ブログ

市原市の工場金属波板の腐食による雨漏り張替えで改善
市原市の工場で雨漏りが起き困っているとご相談のご連絡をいただき調査のお伺いいたしました。内部の状況の確認です。雨漏りによって壁や鉄骨に傷みがひどく出てしまっています。原因を確認するため屋根にのぼり調査...続きを読む
木更津市のS型瓦漆喰の剥がれと瓦ズレ棟取り直し工事で改善
木更津市にお住まいのお客様より以前外装工事を行った際に屋根を指摘されととの事で調査にお伺いいたしました。屋根材はS型瓦です。棟瓦にズレが起きています。ズレてしまった原因として棟瓦内部の漆喰の剥がれと瓦...続きを読む
君津市の化粧スレートへのメンテナンスのご提案
君津市にお住まいのお客様より築15年が経過し屋根のメンテナンスを検討しているとご相談のお問い合わせいただき調査にお伺いいたしました。屋根材は化粧スレートです。化粧スレートは耐久性を維持する為に定期的な...続きを読む
君津市の瓦屋根割れ落下による二次被害と漆喰の劣化
君津市にお住まいお客様より1階の瓦が割れてしまっているとの事で修理のご相談をいただき調査にお伺いいたしました。割れた瓦を確認したところ衝撃を受けて割れた方をしていましたので2階の屋根が気になりますので...続きを読む

屋根補修工事に関連する新着施工事例

船橋市|築16年、パミールからスーパーガルテクトへ屋根カバー工法!
船橋市|築16年、パミールからスーパーガルテクトへ屋根カバー工法!
施工内容
屋根補修工事,屋根カバー工事
築年数
築16年
使用材料
IG工業 スーパーガルテクト(Sシェイドブルー)



■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!