雨樋の排水不良、原因は雨樋の歪み|袖ケ浦市

更新日:2018年2月3日
袖ケ浦市にお住まいのお客様より、「雨樋から雨水が流れ落ち、困っている」と雨樋調査のお問い合わせお伺いいたしました。雨樋は、屋根から雨水を受け排水する役割があります。排水不良を起こすことで、外壁などに集中して雨水が流れ落ちてしまう事で、傷みを早める原因に繋がります。

【雨樋調査の状況】

袖ケ浦市 雨樋調査
袖ケ浦市 雨樋の歪み
雨水が流れ落ちる箇所の雨樋です。雨樋が、外側に歪む形となり変形してしまっています。雨樋が外側に歪んでしまっている事で、雨水が歪んでしまっている箇所に溜まってしまう事で、歪んでしまっている箇所から雨水が流れ落ちる状況になります。歪み・変形などによる雨水の排水不良を改善するには雨樋工事が必要になります。
交換工事にあたり、雨樋の種類を確認したところ、「ナショナルN4.0Ⅱ」が設置されています。この雨樋は、製造が終了となっている雨樋となっています。製造が終了してしまっている雨樋工事を行うには、接続されている雨樋すべての交換が必要です。後継にあたる雨樋では、形状が異なるため無理に接続を行うと、接続部分かから雨水が漏れる原因になります。
袖ケ浦市 雨樋の変形
ナショナル製の雨樋は、現在ではパナソニック製に統一され後継にあたる雨樋は、パナソニックPC50になります。雨樋の交換には、種類・メーカーを合わせる事が後の問題を事前に防ぐ事が出来ます。屋根の平行している「軒樋」と雨水を下に排水する「竪樋」を、異なる雨樋メーカーで交換した場合、メーカー「軒樋」と「竪樋」の接続にあたりメーカーによって口径が違う事から、雨樋の外れや雨水の漏れの原因になりますので、メーカーを合わせる事が重要です。
袖ケ浦市 ナショナルN4.0Ⅱは廃盤
お客様に雨樋の状況をご報告し、雨水が流れちる問題を解決する為には、雨樋工事が必要な旨をお伝えし現状の雨樋が製造が終了となっている為、後継にあたる雨樋を使用して工事になる事をご説明させていただきました。
雨樋工事のご相談は、街の屋根やさん0120-989-936にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒299-0261
        千葉県袖ヶ浦市福王台2-21-10 セントラルビル1F
    1. 街の屋根やさん千葉中央店

      1. 電話 0120-990-366
        株式会社シェアテック
        1. 〒261-8501
          千葉県千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階MBP設立準備室
      1. お問い合わせはこちらから

         街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

        屋根工事なら街の屋根やさんポータル

        その他の地域の方はこちら



        ■お住まいの屋根工事ここがポイント

        ■点検・お見積り・ご相談無料!

        ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


        点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!