大規模修繕で屋根の調査のため袖ヶ浦市に伺いました

更新日:2015年5月30日

2015年5月31日更新

本社のある袖ヶ浦市、会社から10分位の住宅街、長浦駅前のI様よりご連絡を頂きました。

長くお住まいになってなかったご住居を修繕してお住まいになる予定とのことで屋根の調査をご依頼いただきました。

I様、気になる点が一点。それは玄関前に棟板金が落ちていたそうです。先日の台風前はなかったそうですので

どうやら台風6号がもたらした被害のようです。

しばらく住んでいらっしゃらなかったとのことですので室内を調査すると2階和室の天井にシミがありました。

袖ヶ浦市 雨漏り調査016_R.JPG袖ヶ浦市 雨漏り調査015_R.JPG

室内のシミの位置を確認したあとで屋根の上の調査開始です。

屋根の上、棟板金が飛散していました。当初はこれが雨漏りの原因かと思いましたが、位置は雨ジミ箇所の

真上ではありません。

袖ヶ浦市 雨漏り調査005_R.JPG袖ヶ浦市 雨漏り調査006_R.JPG

コロニアル屋根の場合、雨の入口から横に走って出口は違う場所になる場合もあります。

直上部分を調査すると、昔の塗装で屋根材の隙間が埋まっていました。

袖ヶ浦市 雨漏り調査001_R.JPG袖ヶ浦市 雨漏り調査002_R.JPG

これは毛細管現象を引き起こす可能性があります。

屋根の寿命も近づいています。

袖ヶ浦市 雨漏り調査007_R.JPG袖ヶ浦市 雨漏り調査011_R.JPG

今回は簡易工事、部分葺き替え工事、カバー工事の3種類でお見積りを作成しお打ち合わせをいたします。

安価な工事はリスクが伴います。そこもしっかりとご理解いただいた上で

工事のご提案をいたします。



■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!