台風25号の強風で受けた方、火災保険が適用できます

【台風21号、台風24号で被災された方へ 12/10更新】

 台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
 台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

袖ケ浦市で瓦屋根を点検、雨漏り発生の原因は防水紙の劣化でした

更新日:2018年11月29日
袖ケ浦市にお住まいのお客様より、雨漏りがみられるので点検をお願いしたいとのご相談を頂きました。
お話をお伺いすると、瓦屋根のお住まいだそうで、どこが原因で雨漏りをしてしまってるのか分からないため、一度点検を行ってもらいたいとのことで、街の屋根やさん千葉にご相談をいただきました。
早速、袖ケ浦市にお住まいのお客様のお家をお伺いいたしました。
82aaf016e8478e22c705ad2ffdd674e98
瓦屋根はメンテナンス不要と思われている方も多いのではないでしょうか。
スレート屋根などとは違い塗装も不必要となるため、メンテナンスが不要と思われがちですが、瓦屋根もしっかりと定期的な点検やメンテナンスが必要ということをご存じだったでしょうか。
502ae4c4990aa59963d53e8c2a9779191
8c7035607d09989f9bfd2707b89766e17
瓦屋根で劣化などの確認する箇所は以下のような箇所です。
・棟瓦の歪み
棟瓦が歪んでいないか、まっすぐになっているか確認します。少しでも歪んでいると徐々に歪みは大きくなり、最悪の場合は棟瓦が崩れることもあります。
・瓦の割れや欠け
雹や強風の際の飛来物で瓦が割れてしまうこともあります。
・瓦のズレや外れ
地震や強風で瓦がずれることがあります。割れや欠けたとき同様でそこから雨水が侵入することもありますので注意が必要です。
・漆喰の剥がれや崩れ
瓦の隙間に使用されている漆喰が剥がれていたり崩れているとその部分から雨水が侵入します。
また、漆喰の劣化は瓦のズレや落下にもつながります。
22399f9ca99d76014c42dd7075e412592
170feae2a58c29a6ec3aa25ebe021fe8
今回お客様の瓦屋根を確認してみると、瓦の割れや欠けが確認できました。
瓦の割れや欠けは上記でもご説明したように、そこから雨水が侵入してしまうこともありますが、すぐに雨漏りにつながることはありません。
瓦の下にある防水紙がお住まいへの雨水の侵入を防いでくれます。
今回下の防水紙を確認したところ、穴が開いており劣化していることが確認できました。
おそらくここから雨水が入り込み、雨漏りに発展した可能性があります。
お客様には屋根の状況をお伝えし、雨漏りも発生していることから屋根の葺き替えをご提案させていただきました。

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒299-0261
        千葉県袖ヶ浦市福王台2-21-10 セントラルビル1F
    1. 街の屋根やさん千葉中央店

      1. 電話 0120-990-366
        株式会社シェアテック
        1. 〒261-8501
          千葉県千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階MBP設立準備室
      1. お問い合わせはこちらから

         街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

        屋根工事なら街の屋根やさんポータル

        その他の地域の方はこちら



        ■お住まいの屋根工事ここがポイント

        ■点検・お見積り・ご相談無料!

        ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


        点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!