茂原市|銀黒のS型瓦の屋根修理がスタートです

更新日:2016年3月29日
茂原市にお住まいのN様から雨漏りの相談を受けて調査を行いました。
屋根の雨漏りのキモである防水紙の劣化を調査時に発見。
それ以外にも瓦の葺き方に問題がある部分が多く、それによる漏水と判断しました。

瓦はS型瓦。色はギングロでした。
(余談ですが瓦って色によって滑る滑らないがあったりします。ギングロは滑るんです!上に登らない限り余計な情報ですが)

今回は漏水部分の瓦の一部葺き直し工事と棟瓦の取り直し工事を行うことにいたしました。


茂原市 屋根工事 S型瓦
資材はユニック(クレーン)で荷揚げをします。
茂原市 屋根工事 S型瓦2
長もの等は担いで上げる場合もあります。
今までは棟瓦は銅製の釘で止まっていました。ですが短めの釘でしたのでしっかりと効いていません。
しかも釘はきちんと打ってない箇所が散見されました。
茂原市 S型瓦屋根工事009_R
釘が両方浮いてます。
茂原市 S型瓦屋根工事008_R
釘の片方は打ち損じて曲がっています。
今回は中に入っている木材も交換します。今までは俗に言う「インニッサン」というサイズの木材が使われていました。(30mm×40mm)
今回は幅広で厚い木材を使用します。
強度が大幅に変わってきます。

そして使っていた釘もステンレス製の超ロングのビスを使用します。
茂原市 S型瓦屋根工事008_R
右側の黒っぽいのがいままで中に使われていた芯材です。
茂原市 S型瓦屋根工事008_R
今回使用するのがこの厚さ。安心感が違いますよね。
茂原市 S型瓦屋根工事001_R
これが使用するパワーロングビスです。親棟と降り棟でサイズを変えています。
茂原市 S型瓦屋根工事007_R
「仕事人」のような手つきですが、これだけ長いビスで固定するので外れたり緩んだりはほとんどなくなります。
このように屋根を葺くのにも、使用する材料や工法は異なってきます。それによって耐候性が変わることをご理解いただけたでしょうか。
雨漏りの原因は施工するスタッフにも一因がある場合があります。



■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!