台風25号の強風で受けた方、火災保険が適用できます

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/18更新】

 大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、前回の台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

習志野市|突発的な豪雨による雨漏り

更新日:2017年8月1日
本日は習志野市のお客様より集中的な大雨が降り雨漏りをしているとのご相談をいただきました。
ここ最近は天気予報を見ていても「豪雨」という単語をよく目にします。
昔と違い、被災規模の雨が降ります。
皆様も普段からお家の劣化状況を把握しておくことが大事です。
それでは早速見てみましょう。
習志野市 豪雨 大雨 雨漏り
瓦屋根
習志野市 豪雨 大雨 雨漏り
習志野市 豪雨 大雨 雨漏り
まずは屋根に上ってみます。目についたのが、漆喰の剥がれと瓦のズレです。 漆喰は接着剤の役割も果たします。また雨が内部へ入り込むのを防ぐ役割もしています。 ですが、漆喰が劣化し崩れたり剥離していると雨漏りへと繋がるわけです。 瓦がズレている場合は正しい位置に直すことが必要ですし、割れていたりヒビが入っている場合は、新しい瓦と交換することになります。
P1090948_R
習志野市 雨漏り
天井裏にも入り点検したところ、明らかに雨漏りとわかる形跡が残っております。しかもかなりの広範囲に及んでおります。 基本的に雨水が中に入っても大丈夫な設計になっておりますが、入ってきた雨水を家屋の中に進入させない役割を担っているのがルーフィング(防水シート)になります。このルーフィング(防水シート)が破れていたり経年劣化を起こしていると内部にまで雨水入り込んでしまいます。
覚えておいていただきたいのが、目に見えてポタポタと落ちる雨漏りを発見した場合はかなり進行している状態だと思っていただいてよいでしょう。 浸み込んだ雨水を吸収しきれずにポタポタともれているわけです。 発見したときは早急に専門業者に連絡をし、屋根の状態を見て頂くことをお勧め致します。

今日も警報が出るくらいの雨が降っております。
雨漏りに気づいた時はまず街の屋根やさんまでお問い合わせくださいませ。
専門のスタッフが隈なくご点検いたします。

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒299-0261
        千葉県袖ヶ浦市福王台2-21-10 セントラルビル1F
    1. 街の屋根やさん千葉中央店

      1. 電話 0120-990-366
        株式会社シェアテック
        1. 〒261-8501
          千葉県千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階MBP設立準備室
      1. お問い合わせはこちらから

         街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

        屋根工事なら街の屋根やさんポータル

        その他の地域の方はこちら



        ■お住まいの屋根工事ここがポイント

        ■点検・お見積り・ご相談無料!

        ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


        点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!