瓦屋根剥がれからの雨漏り修理お見積り|大網白里市、H様邸

更新日:2013年11月22日

2013年11月22日更新

 

お客様から瓦屋根の剥がれと雨漏りの被害でお問い合わせ頂き

調査とお見積りに伺って参りました。

 

ご自宅に到着致しました。

洋瓦の屋根ですね。

P1060850_R.JPG

 

どの様な状態なのか伺ったところ、

台風後に瓦屋根の剥がれが見られ、雨漏りするようになったとの事でした。

 

雨漏りは、パッと見の外観的な被害だけでなく、原因が1つでなく多数であることも

ある為、全体を細かく点検していきます。

 

 

雨漏りは2階の天井からしているとの事で屋内の天井を点検致しました。

 

雨染みが出来ていますね。

P1060843_R.JPGP1060844_R.JPG

天井のクロスが剥がれている事を考えると雨漏りが激しかったのが伺えます。

 

 

続いて屋根部の調査に入ります。

屋根に登る際外壁も点検致しました。

サッシ上のコーキングが劣化しています。

P1060866_R.JPG

雨漏りをしているのは2階の屋根部下ですのでサッシ付近は

漏れていないことが考えられます。

ですが、劣化が激しいので早めの処置が必要ですね。

 

2階の屋根部のここですね、瓦がは剥がれています。

P1060869_R.JPG

1階の屋根部はケラバと地瓦が割れています。

 P1060856_R.JPG

剥がれと割れの部分から見て、

2階の瓦の剥がれた部分の真下の1階のケラバと地瓦が割れていたので、

 

2階の瓦が強風で煽られ剥離

     ↓

1階の屋根部に剥離した瓦が落下、衝突。

     ↓

衝突の衝撃で1階屋根部の瓦が割れた。

     ↓

瓦の剥がれた部分の防水紙から浸水し

野地板まで到達し、雨漏りした。

 

と、考察出来ます。損壊した部分からと、

瓦の割れる衝撃を考慮するとこの様な推測が出来ます。

 

2階の瓦の剥がれた部分を細かく点検したところ、

防水紙に水が浸入した跡が見受けられました。

 P1060871_R.JPG

他には、2階から1階に繋がる這樋が抜けて無くなっていました。

P1060873_R.JPG

こちらは新しい物を装着する事で済みます。

他の樋は詰まりが少し見られましたが、割れ、異常はありませんでした。

 

今回のケースに限らず、

お住いの被害の状況から原因は何なのか、?

適切な工事はどの様な工事なのか?

 

を明確にし、今後もお客様に透明性のある工事提案を進めて参ります。

 

お住いの事ででお困りの事がございましたら、一度お問い合わせください。

当社スタッフが専門的なご説明だけでなくお客様がご理解頂けるご説明を致します。



■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!