雨水の浸入を防ぐため棟板金の交換工事を行いました|袖ヶ浦市

更新日:2017年7月22日
袖ヶ浦市にて経年により傷んでいた棟板金の交換工事を行っているお客様邸の様子をご紹介します。棟という部分はお家の屋根の頂点の部分で、その部分にある板金のことを棟板金といいます。地上から高い場所にあるので風の影響を受けやすい部分でもあり、強風により板金が浮いてしまい飛散したりといった被害にもあう部分です。見えにくいので、雨水が浸入して雨漏り発生後に棟板金の飛散に気付くといった事例もあります。棟板金交換工事は既存の棟板金と棟板金を固定している貫板を新しいものにします。貫板は雨水の浸入や経年の劣化により腐食していることが多く、放置してしまうと棟板金を固定する力が弱くなり、飛散の原因に繋がります。既存の棟板金と貫板を撤去したら、固定されていた箇所に釘穴が開いているので、雨水の浸入を防ぐためコーキング材で埋めていきます。新規の貫板を固定する際は緩みやすい釘ではなく、錆に強くねじ込み式で緩みにくいステンレス製のビスを使用していきます。貫板を固定したら、板金を固定していきます。こちらも釘ではなくステンレス製のネジを使用し固定します。
八街市前田様棟板金交換
八街市前田様棟板金交換
八街市前田様棟板金交換
八街市前田様棟板金交換
貫板、棟板金をしっかりと固定したら、最後に雨水等の水分の浸入を防ぐため、接合部分をコーキング材で処理していきます。今回お伺いしたお客様邸の屋根はピラミッド型の形状でしたので四方向から接合する形になりました。
八街市前田様棟板金交換
八街市前田様棟板金交換
八街市前田様棟板金交換
棟板金は地上からの確認が難しい場所にあります。強風が吹いた場合や、地上から屋根に異常を感じた場合はフリーダイアル0120-989-936までお気軽にご相談ください。調査・お見積もりは無料で行っております。



■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!