木更津市|陸屋根のお客様邸で雨漏りの現地調査です

更新日:2015年12月14日
こんにちは、最近の天候の悪さで自分がふと気が付き、疑問になった事をブログに書きたいと思います。本日は木更津市の陸屋根のお客様邸にお伺いし、陸屋根の雨漏り調査をいたしました。そこで思ったことを書いていきます。

一般的には多くみられる屋根の形は切妻(きりづま)といって屋根の最頂部の棟から地上に向かって二つの傾斜面が本を伏せたような山形だったり、寄棟(よせむね)といって4方向に傾斜する面をもつ屋根、方形(ほうぎょう)といって簡単に言えばピラミッドのような形をしている屋根があります。ほかにも様々な屋根がありますが、これらの特徴は勾配があるので雨が降っても地面に流れ落ちます。しかし、勾配がない平らな屋根、ベランダ、バルコニーなどは雨水が流れにくいですよね。これらはどんな所が危険なのでしょうか。

木更津市|陸屋根のお客様で雨漏り調査の現地調査です。
木更津市雨漏り 原因箇所の特定
まずは陸屋根の危険信号です。まずは、雑草が生えていたら、防水層まで根が伸びている可能性があります。
しかし、むやみに雑草を抜かないでください。防水層を破損する危険があります。
防水層とはマンションなどで屋内に雨水が染み込んでこないようにするためのものです。屋上や陸屋根の表面の下にあります。

コンクリートの目地はコンクリートの伸縮に追随し、破損を防ぎます。目地の破損はすぐに何かあるわけではありませんが、上層と防水層に水&空気が入り込む状態になるため、劣化が早くなります。
上層のコンクリートがひび割れている場合、亀裂部分から水が侵入している可能性があります。
建物の寿命を縮めることに繋がりますので、早めに対処することをオススメします。

陸屋根だけでなく、ベランダ・バルコニーの雨水を流す役割をしているドレンは大切ですこれが機能していないと雨水が排出できないため雨漏りに繋がります。

PC101481_R
PC101474_R
以上の事が雨漏りの原因になります。
室内にシミが少しでも出てきたら街の屋根屋さんまでご連絡下さい。




■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!