木更津市の雨漏り調査と防水紙の因果関係

更新日:2015年11月21日
最近、雨漏り調査のご依頼をたくさん頂きます。
雨漏りの原因はある程度限定されます。難しいのはその限定された内容に関して
複数の原因が重なり合う場合です。

屋根の形状や材料によっても雨漏りの原因は変わってきますが不変なものがあります。

それは防水紙です。

雨が降ると皆さん、屋根材が割れたり、落下したりと想像するようですが、実は屋根の漏水に一番重要な役割を持っているのが
防水紙なのです。

屋根材はそもそも複数の材料が重なって出来ています。
瓦然り、スレート然り。
隙間があるので当然屋根材の下に水が回ることを想定して作られています。
その回った水を防いでいるのが防水紙なのです。

今はほとんどがアスファルトルーフィングを用いています。
これは瓦もコロニアルも、金属屋根も一緒です。
昔は強度が弱くめくれたり、切れたりということが多く、それによって雨漏りを引き起こす原因となっていました。

直近の雨漏りの屋根の状況です。
瓦の雨漏り 木更津市
瓦をはがしてみると重なっているはずの防水紙がめくれて下地が見えています。
瓦の雨漏り 木更津 防水紙
こちらの防水紙は穴があいています。針の穴くらいでも雨漏りをする危険性があるのに10円玉位の大きさがあります。
これでは漏っても仕方がないですね。
君津市 雨漏り 防水紙001_R
瓦をはがしてみると漏水箇所以外も防水紙がめくれていました。
防水紙の染み具合で実は雨漏りしていたことが判明。
君津市 雨漏り 防水紙001_R
漏水箇所、長年雨が入っていた箇所の下地は腐食していました。
防水紙の寿命はそれほど長くはありません。
防水紙を守るために屋根材があるといっても過言ではないのです。

建物の調査は瓦の下を調査する位のことがないとわかりません。



■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!