木更津市で強風による屋根修理のご依頼、屋根は大丈夫?

更新日:2016年4月17日
先日より熊本・大分地方で続いている震災、これ以上の被害がないこと、そして早い復旧を切にお祈りしています。

今日はここ千葉県も猛烈な風に見舞われました。
停めている車がグラグラ揺れるほどの風でした。

急遽、施工中(塗装工事)の現場のメッシュシートを風で煽られないように撤去しに伺いました。


強風による養生002_R
現場は休みなので心配でお伺いしました。
強風による養生001_R
メッシュシートをはがしていると施工スタッフも駆けつけてくれました。
現場は事なきを得ました。
こんなに強い風、台風や春一番でもないのに起きることは滅多にありません。
建物の被害の連絡がないことをお祈りしています。

但し、屋根の被害って気がつかないことが多いのです。
普段は屋根の上なんてみませんので、気にされない方が本当に多いのです。

そこで今回はこんな屋根にこんな被害が出ましたっていう過去の写真でご報告をします。
同じような屋根材の方は気をつけて見ていただくことも重要な「メンテナンス」の一歩です。
強風による屋根修理005_R
これは瓦棒というタイプの屋根です。金属の屋根ですが中を留めている釘が腐食し取れてしまったようです。

強風による屋根修理006_R
強い風で屋根材が飛んでいってしまいました。幸い屋根材落下の二次被害がなくて良かったのですが、このままでは雨漏りをしてしまいます。
強風による屋根修理007_R
この屋根も同じような金属の屋根です。出っ張っている部分に入っている木材、それを留める釘が抜け、木材の腐食で剥がれてしまったようです。
強風による屋根修理008_R
ここは棟と言われる部分、中の木(貫板)が腐食しているのがわかると思います。
強風による屋根修理001_R
この屋根は薄型スレート(コロニアル)屋根。真ん中の棟板金が風で飛んでいってしまいました。
強風による屋根修理002_R
止めている釘が浮いています。ここも強風で煽られると飛びそうな状態でした。したからではわからない状況です。
このように強風などで被害がでる屋根は潜在的にたくさんあります。
強風が治まったら屋根の上を遠くから見てください。

気にあるところがあればご連絡をお願いします。



■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!