市原市に大手ハウスメーカーの雨漏り調査に伺いました(2)

更新日:2015年9月22日
雨漏り調査にお伺いした市原市のY様邸。

昨日は室内の状況をご報告いたしました。
室内の雨漏り位置を確認し屋外にでて漏水箇所を特定していきます。

漏っている箇所の上部はベランダになっていました。
市原市 雨漏り調査017_R
ベランダはシート防水が施されています。漏水原因でよくある排水口(ドレン)廻りを調査します。
市原市 雨漏り調査017_R
内部まで確認しましたが亀裂などはなさそうです。排水口廻りの可能性は低くなりました。
市原市 雨漏り調査016_R
漏水箇所上部を確認します。
ベランダの手すりがある位置あたりが漏水部分でしょうか。
市原市 雨漏り調査016_R
外側のヘリから60cm・50cmの位置が漏水部分。直接真上が原因とは言い辛いのですが、そこにはベランダの足(ブロック)があります。
市原市 雨漏り調査018_R
ブロック部分を確認してみました。亀裂などは目視では確認できません。
市原市 雨漏り調査001_R
よく見るとブロックは据え置きでした。シート防水を施工したあとに載せています。
ちょっと浮かせて確認してみましたがよく見えませんでした。
ここまで見てベランダのシート防水部分が一番怪しい状態です。
さらに上を確認します。

陸屋根(屋上みたいになっている屋根)のはずだったのですが、波トタン屋根になってました。
おそらく、過去に漏水して屋根を被せたのではないでしょうか。
市原市 雨漏り調査001_R
もともとフラットな屋根なので勾配はとても緩やかです。
勾配が緩いと雨漏りの可能性も高くなります。
市原市 雨漏り調査001_R
赤い丸の部分、釘が浮いています。
内部をどう処理したのか分かりませんが釘の穴から中に水が入ることは間違いありません。今回の漏水との因果関係は薄いようにも思います。
市原市 雨漏り調査001_R
その他軒天や外壁を調査しましたが漏水の決定的な傷みは発見できませんでした。
市原市 雨漏り調査001_R
流石に大手ハウスメーカーさんの作り、重厚感があります。
今回の状況である程度の位置は特定しましたが、決め手に欠きます。
お客様と相談して、漏水部分の天井を剥がし、散水検査をして原因究明し、そこで最適な工事を行うことにいたしました。
天井を開口、塞ぐ工事も入りますので有料にはなりますが、結果的には安く工事ができるための方法です。
お客様の都合もあり、10月に着手致します。



■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!