市原市で粘土瓦の冠のズレと鬼瓦の調査に伺いました

更新日:2015年12月19日
屋根の状況にあった工事がしたい。
これはどなたも本音ではないでしょうか。

市原市のM様からご依頼を頂き屋根調査にお伺いしました。
近所で屋根の施工をしている業者さんから「鬼瓦が落ちそうで危ないから工事をしたほうがいい」と言われ、
不安になってご連絡をいただきました。

屋根の状態は普段見えるところではないので心配だったことでしょう。
そう言って近づく飛び込み業者もいるので余計に厄介です。

お話をお伺いして先ずは屋根に登って調査を開始しました。

市原市の屋根調査 粘土瓦
市原市の屋根調査 粘土瓦2
屋根は粘土瓦、いわゆる普通の和型の瓦です。この瓦は水を吸わないように表面に釉薬を塗って焼き上げています。
瓦が長く持つ理由ですね。

早速上ってみると、まず目に付いたのが棟瓦の冠部分のズレでした。
下の写真、左の写真も右の写真も半丸状の瓦がゆがんでいるのがわかると思います。

幸い銅線で止まっているので落下は免れていますが危険な状態です。

市原市の屋根調査 粘土瓦3
市原市の屋根調査 粘土瓦
鬼瓦付近のしっくいも剥がれ、瓦も下方にずれています。
地震の影響、経年によるものなどが考えられます。
市原市の屋根調査 粘土瓦 鬼廻り
鬼瓦の裏にあるべき漆喰は剥がれ落ちています。
市原市の屋根調査 粘土瓦 鬼廻り
降り棟の継ぎ目もずれています。
市原市の屋根調査 粘土瓦 しっくい
棟瓦の下の漆喰も剥がれ、泥が露出しています。
市原市の屋根調査 粘土瓦 しっくい
こちらは完全に漆喰がなくなっていますね。
今のままで放置することは望ましくありません。
棟瓦の取り直し工事と言って、棟を一度解体し、新しい泥と漆喰で積み直す工事が必要です。

今年の夏に塗装を下ばかりだそうです。私たちに塗装のご依頼を頂いていれば当然屋根の調査もしますので
必要な工事としてご提案したのですが、残念です。
残念といえば、屋根の上を見たら塗装すべき箇所があったんです。

粘土瓦
棟の横に走っているのが谷板金です。
市原市の屋根調査 粘土瓦 しっくい
谷板金のサビがひどい状態です。ケレンをして錆止め塗装+金属用の塗料を使って塗装をすべき状態です。このまま放置して穴が開くと雨漏りの可能性が高くなります。
屋根の状態を診断し、必要な工事をご提案いたしました。
早めに補修をしていただくことが重要だと思います。



■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!