台風対策、雨漏りなどは街の屋根やさんへ

屋根カバー工事、本日は防水紙を張りました|千葉市

更新日:2017年9月7日
千葉市のお客様邸にて屋根カバー工法での工事が始まりました。この工法は、既存の屋根の上に新規の屋根材を覆い被せるので、解体工事をほぼ行わずに済みます。ですので、廃材もほとんど出ません。解体工事費と廃材処理費が節約できる為、工事費用が抑えられます。
屋根カバー工事
屋根カバー工事
既存の棟板金などを解体したら、新規の板金を設置します。基本的に廃材になるのは、こちらの箇所だけです。その後、防水紙を敷設します。
DSC_0571_R
屋根カバー工事
今回使用した防水紙はアスファルトルーフィングになります。防水紙は雨水の浸入を防ぎ、建物内部や木材部分への浸透を防ぎます。改質アスファルトは高温でダレ難く、低温で割れ難いといった特性があります。また、貼り直しが可能な遅延粘着型で、貼り付け直後は簡単に剥がせるので、再度貼りなおす事が出来ます。だからといって、粘着力が落ちる事はありませんので、ご安心ください。遅延粘着型なので、貼り付け後約2時間で粘着力と防水効果を発揮します。防水紙は、施工する用途や時期により適したものが異なりますので、ご注意下さい。
防水紙
防水紙や、屋根カバー工事、屋根の事で何かお困りの方は、街の屋根やさんまでご相談下さい。フリーダイアル0120-989-936にてお待ちしております。調査・お見積は無料にて行っております。お気軽にお問合せ下さい。

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-742
      株式会社シェアテック
      1. 〒299-0261
        千葉県袖ヶ浦市福王台2-21-10 セントラルビル1F
    1. お問い合わせはこちらから



      ■お住まいの屋根工事ここがポイント

      ■点検・お見積り・ご相談無料!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


      点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!