ルーフィング940など、さまざまなルーフィングの種類と機能の違いを徹底解明します

千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。

あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム 屋根のトラブルおまかせ下さい!

千葉県全域 あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム あなたの大切なお住まい、定期的にメンテナンスしてあげていますか? 高品質なサービスを、よりリーズナブルに「お客様にとって一番のおつきあい」 私たちはそんな街の屋根やさんです

株式会社シェアテック
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL :0120-989-936 FAX :0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

お客様のインタビュー動画

屋根葺き替え工事をご依頼いただいた長生郡白子町のお客様より、竣工後の感想を伺いました。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん千葉 施工事例
街の屋根やさん千葉 お客様に聞いた「街の屋根やさんを選んだ理由」
2020年09月24 日更新 本日の現場ブログ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
雨漏りにお困りの方、お任せ下さい
屋根を軽くして耐震対策 地震に強い屋根
屋根の台風対策 強風と豪雨にご注意を!
散水検査
お客様の声その壱 お客様の声その弐 お客様の声その参
お客様の声の動画ページに移動
お客様の声を動画でご紹介
Company Profile
街の屋根やさんのご紹介
街の屋根やさんとは?
街の屋根やさんが選ばれる6つの理由
街の屋根やさん10のルール
街の屋根やさん、専門スタッフのご紹介
不安ゼロ宣言
マイスター制度
充実の長期保証
屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ
各種屋根工事の料金プラン屋根工事の料金について
弊社のご案内弊社のご案内
屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん対応エリア

千葉県の市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全域が対応エリアとなっております。
その他の地域の方もお気軽にご相談下さい!

  • 一般リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 屋根工事
  • 屋根修理
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • カバー工法
  • 漆喰(しっくい)工事
  • 雨樋(あまどい)工事
  • 雨漏り修理
  • 雨漏り工事

屋根リフォームのことなら、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん施工実績

 下に挙げたものは、1999年5月~2020年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・195
松戸・・189
習志野・・140
流山・・94
鎌ヶ谷・・175
船橋・・340
野田・・83
柏・・94
我孫子・・80
浦安・・175

北総エリア
銚子・・72
佐倉・・143
四街道・・116
印西・・109
富里・・187
香取・・116
成田・・265
旭・・141
八街・・365
白井・・174
匝瑳・・107
印旛郡酒々井町・・91
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・30
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・244
千葉市稲毛区・・170
千葉市緑区・・206
千葉市花見川区・・179
千葉市若葉区・・165
千葉市美浜区・・116
八千代市・・160
市原市・・670

九十九里エリア
茂原市・・147
勝浦市・・44
いすみ市・・100
東金市・・134
山武市・・90
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・67
山武郡芝山町・・24
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・45
長生郡睦沢町・・13
長生郡長生村・・39
長生郡白子町・・48
長生郡長柄町・・21
長生郡長南町・・11
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・17

南房総エリア
袖ケ浦・・221
木更津・・437
君津・・285
富津・・118
南房総・・63
安房郡鋸南町・・40
館山・・57
鴨川・・28

ご連絡先はこちらです ご連絡先はこちら

株式会社シェアテック
千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL : 0438-38-3373
FAX : 0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

街の屋根やさん千葉
台風12号接近中!台風への備えはできていますか?
台風12号接近中!台風への備えはできていますか?

ルーフィング940など、さまざまなルーフィングの種類と機能の違いを徹底解明します

更新日 : 2020年02月19日

更新日 : 2020年02月19日

ルーフィング940はご存知でしょうか?新築のお住まいでは多く使われる防水紙の種類の一つです。比較的安価ですが屋根用のルーフィングとしての機能を最低限備えたもので広く使われています。ちなみにルーフィングは屋根から雨漏りさせないために必須な部材です。しかし、新築で建てた場合に、内装や外壁などはどのような材になるのかとても重要視しますが、実はルーフィングについてはほとんご選定するようなことはないのではないでしょうか。実はルーフィングの種類によって耐用年数の違いであったり透湿性に優れている。他にも屋根自体の軽量化になるものもあります。このページではルーフィングの種類や機能についてご紹介いたします。
※この記事は5分程度で読むことができます。

ルーフィング(防水紙)の役割

家が雨漏りしないために屋根には屋根材がある。きっと多くの方がそう考えるでしょう。もちろん屋根材があることで雨漏りを防いでいるのですが、実は屋根材だけでは十分に雨水の侵入を防ぐことができません。雨量や風の向きや強さ、積雪などでも屋根材だけでは防げないで内部に侵入してくる雨水を、その下でルーフィングがあることでガードしているのです。実際、屋根材の一部が割れてしまっても、防水紙に傷みがなければすぐには雨漏りはしません。このように屋根からの雨漏りを防ぐ上でルーフィングとは非常に重要になってくるのです。

雨漏りと一言でいっても色々なところから侵入するイメージがあります。しかし、雨漏りの実に50%以上が屋根と外壁からなのでルーフィングについては性能や適正などを理解した上で選定するようにしましょう。

ルーフィング940とは

ルーフィング940とは正確にはアスファルトルーフィングという防水紙の種類で、その後ろに付く数字「940」は単位面積質量の呼びを表すものです。防水紙の製造会社である田島ルーフィングではアスファルトルーフィング940を分類の一つとしています。

また、新築で建てたお住まいには多くこのルーフィング940が使われています。

アスファルトは皆さんご存じの通り道路の舗装に使われています。土瀝青(どれきせい)とも呼ばれており、その原料は原油から抽出される炭化水素類の一種です。温度によって状態が液体から個体に変わる性質があるので、道路に砂利をしいただけでは飛び散ってしまう道路を、アスファルトで舗装することで飛び跳ねを防ぎ道路を長持ちさせます。

改質アスファルトが屋根の防水材に多く使われる理由

じつはアスファルトは低温になると割れやすい弱点があるのですが、そこにポリマー等を加えることで弾力があり温度変化にも強いアスファルトになります。これを改質アスファルトと言います。

近年ではこの改質アスファルトが多く屋根の防水紙に使われております。これは防水性、温度変化に強いこと、さらには屋根に設置する時に釘やステープルを打ち込みますが、それに対する耐性が高いことが理由です。

屋根は夏場には高温になり、冬は氷点下と温度差が非常に激しい環境です。それに耐えうる性能がこの改質アスファルトのルーフィングには備えられているのです。

また、改質アスファルトは製品によってはゴムアスファルトとも言われますが、どちらも同じく改質アスファルトです。耐用年数とコストのバランスがとれた防水紙です。

ルーフィングの種類とその特徴

ルーフィングでは以下のような分類があります。

 

 

・アスファルトルーフィング940
実はルーフィングには多くの種類がありますが、その中でもルーフィング940は安価な材です。価格の違いはもちろん性能にも反映されていることから、耐用年数は10年程度と短めです。屋根に設置した防水紙は簡単に交換ができないため使用する建物を数年後には建て替えるなどの明確な予定がない限りは耐用年数20年以上の防水紙がお勧めです。
・改質アスファルトルーフィング
前項でもお話ししたようにアスファルトに弾性を持たせ、温度変化による割れを改善した防水紙です。アスファルトルーフィング940よりも耐用年数が長く20年~30年です。一般的に屋根のメンテナンス周期もそれくらいですので十分な耐用年数といえるでしょう。価格と性能のバランスがとれたお勧めの防水紙です。
・粘着層ルーフィング
名前の通り粘着性があるルーフィングです。通常のルーフィングはカッターや釘で下地と固定しますが、粘着層ルーフィングであれば使わずに固定することができます。
リフォームでは屋根の上に新しい屋根を重ねる屋根カバー工法の時に、この粘着層ルーフィングがよく使われます。傷んだコロニアルスレートにもしっかり密着し、さらにシートの設置時も隙間ができないので雨漏りもしにくいです。
他にも屋根の形状が複雑な場合は、ルーフィングを設置したときにこの粘着層ルーフィングだとしっかり固定できます。

・高分子系ルーフィング
これまで紹介してきたルーフィングはアスファルトですが、高分子系ルーフィングは合成樹脂を材としています。性能は改質アスファルトルーフィング同様で、弾性があり耐久性も高いのですが、重量は改質アスファルトの1/3ととても軽量です。
屋根の重さは屋根材によるところが大きいですが、防水紙を高分子系ルーフィングに変えることでも屋根軽量化を実現できます。屋根が軽量になることで地震の揺れによるダメージが少なくなりますので、近年ではリフォーム時に屋根材による軽量化をお考えの方が多くなっています。特に和瓦などの重い屋根材を使っている場合はお勧めです。

・透湿防水ルーフィング
透湿防水はその名の通り、湿気は逃がすが水は防ぐ性能をいいます。防水と透湿は相反するような印象ですが、水の分子は気化すると小さくなるので、水は通さず気化したものは通す中間くらい大きさの穴が空いているというと分かりやすいでしょうか?
特に外壁などは湿気が屋内にこもると結露によってカビや匂いが発生します。さらに期間が長くなれば木部を腐食させてしまうことになりますので、お住まいにとって湿気対策は非常に重要です。
これは屋根にも同じことがいえ、近年では透湿防水のルーフィングが使われるケースが多いです。湿気による劣化は木部だけでなく防水紙自体も長持ちさせるので、耐用年数は非常に長く50年ほどとなります。
性能から考え透湿防水ルーフィングがよさそうに思いますが、やはり価格は高くなります。しかし、耐用年数が長いのでトータル的に考えコストと性能からお選びになる方も多いです。

まとめ

お住まいの寿命は屋根で決まる。とも言われるほど屋根が健常であることでお住まいは長持ちします。逆に雨漏りなどが始まれば数年で躯体が傷みだし、耐久性はみるみる低下してしまうのです。その上でルーフィングが担っている役割は非常に重要で、またどのようなルーフィングを選ぶかによってメンテナンス周期なども変わってきます。

屋根から見えない部分ですので、ルーフィングの劣化具合がどうなのか定期的なチェックが必要になります。街の屋根やさんでは屋根に直接上って屋根の状態をチェックいたしますので、屋根材はもちろんルーフィングの状態についても可能な限り調査し、最適な工事のご提案をいたします。

現地調査や工事のお見積り作成は無料ですので、長年屋根の点検をしていない方はお気軽にご相談ください。

無料点検から工事までの流れ

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。




      ■お住まいの屋根工事ここがポイント

      ■点検・お見積り・ご相談無料!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


      点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!