台風25号の強風で受けた方、火災保険が適用できます

年末年始休業のお知らせ

12月29(土)~1月6日(日)まで休業致します。

1月7日より通常営業いたします。年末年始はほとんどの業者がお休みになってしまいます。急な雨漏りなどでお困りにならないよう年越し前に街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。

お問い合わせはこちら

富津市で瓦屋根の点検、漆喰の剥がれは放置しておくと瓦が落ちてしまうので危険!

更新日:2018年8月24日
富津市にお住まいのお客様より、屋根の点検と必要であれば補修工事をお願いしたいとのご相談をいただきました。
お話を伺うと、屋根が瓦屋根だそうです。屋根から漆喰がぽろぽろと落ちてきているので、補修工事が必要かと思い、街の屋根やさん千葉にご相談をくださいました。
瓦屋根を支えてくれる漆喰は劣化していると、強風などの影響で漆喰が剥がれたり、瓦自体がズレたり落ちたりしてしまいます。
ですので、お住まいの屋根が瓦屋根という方は、定期的に屋根の点検を行う事がお勧めです。
82aaf016e8478e22c705ad2ffdd674e91
早速、ご相談を下さったお客様のお住まいにお伺いいたしました。梯子をかけ、実際に屋根に上がり漆喰の状態を確認していきます。
漆喰の表面が劣化しており、一部では漆喰がぽろぽろと剥がれ落ちてしまっていました。
また、漆喰で固定されている鬼瓦も、漆喰が劣化し、ひび割れを起しています。この状態を放置してしまうと、鬼瓦が浮いてしまったり、欠落してしまう可能性があります。
ちなみに、鬼瓦は、瓦屋根など和式建物の棟の端などに設置されている役瓦のことを指します。日本では古くより、屋根の棟端には、家内安全・無病息災・災害回避などを祈る神聖な場所としてあがめられておりました。
鬼瓦の役割には、先ほど書きましたように魔除けの役割の他に、雨仕舞の役割もあります。
e3d26d0523c3318065460ac23263ec202
f5692f37fb44cb478935ed4ca2950dbb
漆喰が剥がれおちている、ひび割れしている状態を放置したままにしておくと、棟自体の崩壊や、雨水が浸入し、雨漏りが発生してしまう、瓦が強風で欠けてしまう、落ちてしまうなどのトラブルが発生してしまいます。
お客様には、実際に劣化している漆喰の状態を写真でご確認していただき、漆喰の詰め直し工事を行う事をお勧めいたしました。ちなみに、既存の漆喰をそのままにし上から漆喰を重ね塗りすることは密着不良をおこしやすくなるうえ、すぐに不具合が起き補修しなくてはいけませんので注意しましょう。
普段あまり屋根の気にされない方、漆喰を知らない方、漆喰の補修をお願いできる業者を知らない方は、街の屋根やさん千葉までご相談ください。
屋根の点検・調査・お見積り・ご相談全て無料で承っております。お気軽にご相談ください。

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒299-0261
        千葉県袖ヶ浦市福王台2-21-10 セントラルビル1F
    1. 街の屋根やさん千葉中央店

      1. 電話 0120-990-366
        株式会社シェアテック
        1. 〒261-8501
          千葉県千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階MBP設立準備室
      1. お問い合わせはこちらから

         街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

        屋根工事なら街の屋根やさんポータル

        その他の地域の方はこちら



        ■お住まいの屋根工事ここがポイント

        ■点検・お見積り・ご相談無料!

        ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


        点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!