台風25号の強風で受けた方、火災保険が適用できます

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/18更新】

 大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、前回の台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

君津市で築16年の屋根を確認、破風の傷みとスレート瓦の劣化症状を点検いたしました

更新日:2018年10月6日
君津市にお住まいのお客様より、屋根の横側の部分が剥げているのが気になるので、屋根の点検をお願いしたいとのご相談がありました。
お話を伺うと、築16年ほどのお住まいだそうで、今回初めて屋根のメンテナンスを考えているそうです。 屋根のメンテナンスは、外壁同様、約10年に1度の間隔で行うことが理想です。
屋根は、お住まいの中でも最も劣化のしやすい箇所になります。屋根の劣化症状を長い間放置してしまうと、雨漏りを引き起こす可能性もありますので、定期的に屋根の点検やメンテナンスを行いましょう。
e15a96ed5ad6531d091b514e1a7f68902
早速ご相談を下さったお客様の屋根を点検させていただきました。
まず、お客様が気になられていた屋根の横の部分、破風板の劣化を確認いたします。
破風板というと、あまり聞きなれない方が多いのではないでしょうか、破風板は、破風の部分に使われている建材を形状や材料から破風板と呼ぶこともあります。
83e9bb4665c9c319b108da5b1b414986
8263f808686a37ba039878a4a4a3d0e4
破風は直に雨に当たる箇所です。そのため、屋根同様お住まいの中でももかなり負担を強いられている箇所になります。
この破風板が劣化したまま放置してしまうと、雨漏りに発展することもありますので、破風板の劣化が見られる場合は早めに点検を行うい、適切な補修を行うことが理想です。
c649ed0fd58c26a281f2143227d20a42
58b68938d578fa213211c987f8f5cd15
また、屋根の劣化状況も一緒に確認を行います。
築16年、初めて屋根のメンテナンスを行うということで、屋根の劣化が進んでおりました。
屋根材はスレート屋根です。
塗膜が劣化がひどく、色褪せも目立ちます。また、コケが発生しており、屋根の防水性が低下していることがわかります。 スレート屋根はセメントが主成分の屋根材です。そのため、防水性が低く、塗装を行うことで、防水性を高め雨漏りの発生を防止しているのです。
お客様には、屋根の劣化状況を写真で確認していただい、屋根の塗装工事を早めに行うことをお勧めいたしました。
街の屋根やさん千葉では、ご相談いただいたお客様のお住まいにあった工事のご提案を行っております。
点検やお見積もり、ご相談は無料で行っておりますのでお気軽にご相談ください。

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒299-0261
        千葉県袖ヶ浦市福王台2-21-10 セントラルビル1F
    1. 街の屋根やさん千葉中央店

      1. 電話 0120-990-366
        株式会社シェアテック
        1. 〒261-8501
          千葉県千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階MBP設立準備室
      1. お問い合わせはこちらから

         街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

        屋根工事なら街の屋根やさんポータル

        その他の地域の方はこちら



        ■お住まいの屋根工事ここがポイント

        ■点検・お見積り・ご相談無料!

        ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


        点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!