台風25号の強風で受けた方、火災保険が適用できます

年末年始休業のお知らせ

12月29(土)~1月6日(日)まで休業致します。

1月7日より通常営業いたします。年末年始はほとんどの業者がお休みになってしまいます。急な雨漏りなどでお困りにならないよう年越し前に街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。

お問い合わせはこちら

君津市で破風板とスレート屋根の劣化症状を点検、破風板の補修方法をご紹介します

更新日:2018年8月28日
君津市にお住まいのお客様より、屋根の側面の板の劣化が気になるので、屋根を一度点検してほしいとのご相談がありました。
おそらく破風板の事を指されているのだと思います。
破風板とは、建築で使われる用語で、切り妻屋根の端の傾斜がある部分に取り付けられている板を指します、屋根と壁の間にある板で、いくつかの役割を担う重要な部位です。
早速、ご相談をくださったお客様のお住まいを点検しに伺いました。
83e9bb4665c9c319b108da5b1b414986
まず、お客様が特に気にされていた破風板部分の確認を行います。下から見上げるだけではしっかりと確認ができませんので、梯子をかけて、近くで屋根の劣化状況を確認していくと、塗装がはがれかけておりました。
木製の破風板は、約5年程で塗装がはがれ始めます。次第に塗装が剥がれおちると、木材に雨水が吸収され、木の腐食が始まってしまいます。
破風板の補修には、以下のようなものがあります。
劣化が軽微であった場合、木の継ぎ目の状況によって区切りが良い場合はその部分だけを補修することが可能です。
また、一番安心な方法として、破風板に板金をまいてしまう方法もあります。
e15a96ed5ad6531d091b514e1a7f6890
04a122c88ecfce4452d675ab1d49a7f32
破風板と一緒に、屋根の点検も行っていきます。
お客様がお住まいのお家の屋根はスレート瓦でした。スレート瓦は一般的なお住まいに特に使用されることが多い、人気の屋根材です。
スレート瓦自体には防水性がないため、塗装を行い屋根に防水性を持たせ、雨漏りを防いでいます。
今回、劣化症状を確認していくと、スレート瓦の割れや欠けは見られませんでしたが、塗装の剥がれやコケが主に見られました。塗装の剥がれは、防水機能が低下しているため、早めに屋根の塗装を考えることがおすすめです。
破風板の補修には、足場が必要になります。ですので、屋根や外壁の塗装と同時に行う事で足場代の節約にもなりますし、おすすめですとお客様にはお伝えいたしました。
街の屋根やさん千葉では、屋根の補修工事以外にも屋根の塗装のご依頼も承っております。点検や調査、お見積り、ご相談は無料となっておりますので、少しでも屋根に不安を抱えている方はお気軽にご相談ください。

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒299-0261
        千葉県袖ヶ浦市福王台2-21-10 セントラルビル1F
    1. 街の屋根やさん千葉中央店

      1. 電話 0120-990-366
        株式会社シェアテック
        1. 〒261-8501
          千葉県千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階MBP設立準備室
      1. お問い合わせはこちらから

         街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

        屋根工事なら街の屋根やさんポータル

        その他の地域の方はこちら



        ■お住まいの屋根工事ここがポイント

        ■点検・お見積り・ご相談無料!

        ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


        点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!