佐倉市でコロニアル屋根から雨漏り、屋根裏点検

更新日:2013年11月28日
昨日、お伺いした佐倉市西志津のお客様の建物調査の様子をご紹介致します。
  今回のご依頼内容は、2階の階段部分と和室の天井から雨漏りがしているので、施工方法と お見積もりのご依頼を受けました。
  まずは室内で雨漏り位置を確認しながらおあ藩士を聞くと、先月の台風時に和室の雨漏りが起こり 階段部分の雨漏りは以前から起きていたとのことでした。 今回の2箇所の雨漏りは、隣接した部屋同士なので原因は同じ可能性があると判断をしましたが、 実際に判断するためには屋根裏から雨の侵入している箇所を見つけ出す必要がありました。   そこで、屋根裏に入り雨の落ちて来ている箇所の様子を確認していきます。
コロニアル屋根からの雨漏り調査 屋根裏点検 佐倉市 (2)_R.JPGコロニアル屋根からの雨漏り調査 屋根裏点検 佐倉市 (4)_R.JPG
  初めはよくわかりませんでしたが、よく注意して見ていくとコロニアル材を止める釘を雨が伝って落ちてきて いることがわかりました。 今回の原因として可能性が高いの内容は、防水紙の劣化によ釘を伝わった雨の侵入と判断しました。
コロニアル屋根からの雨漏り調査 屋根裏点検 佐倉市 (3)_R.JPGコロニアル屋根からの雨漏り調査 屋根裏点検 佐倉市 (5)_R.JPG
この様な雨漏りの場合は、屋根全体の工事が必須となります。 もちろん施工費用も高くなって行きますが、建物を守るためにはとても重要な工事と言えます。
高額かそうで無いか自己判断となりますので判断は難しいのですが、必要な工事に対しての 金額を考えるんのではなく、屋根全体の営繕を行った場合にいくら必要かをご理解いただき、 計画を見据える事をおすすめ致します。



■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!